想ひ出10: GCP/WordPressでCloudSQL(MySQL)に接続する

おはようございます、moqrinです。

今回は次回に続くLet’s Encryptを使ったLBのHTTPS負荷分散の練習前段の記事です。
何かちょっとメンドくせー・・・煩雑だな、という所感でした。。
いや、やり方が悪いのでしょうけども。
なお、Wordpressのインストールについては触れません〜。

やったこと

1. IP アドレスを使用して MySQLに接続
2. Cloud SQL Proxy を使用して MySQLに接続
3. Cloud SQL Proxyをデーモン化
4. WordPressからMySQLに接続する

1. IP アドレスを使用して MySQLに接続

① とりあえずMySQL クライアントをインストール

yum install mysql

② [承認] タブから[承認済みネットワーク] で [ネットワークを追加] をクリックし、クライアントをインストールしたクライアント マシンの IP アドレスを入力

③ 暗号化しないで Cloud SQL インスタンスに接続する

mysql --h [INSTANCE_IP] --u root --p

2. Cloud SQL Proxy を使用して MySQLに接続

① CloudSQL Admin APIを有効化する

② コンソールでCloudSQLに接続してDBおよびユーザーを作成

wordpressというDBを作成

create database wordpress;

developユーザーにwordpressデータベースへのアクセス権限を設定する。

grant all privileges on wordpress.* to develop@"%"  identified by 'PASSWORD' with grant option;

確認する

select user,host from mysql.user;

③ 接続したいインスタンス上でプロキシをダウンロード

wget https://dl.google.com/cloudsql/cloud_sql_proxy.linux.amd64 -O cloud_sql_proxychmod +x cloud_sql_proxy
chmod +x cloud_sql_proxy

④ サービスアカウントを作成

⑤ scpでDLした暗号鍵をインスタンスに転送する

⑥ 試しに接続する

プロキシを開始

./cloud_sql_proxy -instances=<DB_INSTANCE_CONNECTION_NAME>=tcp:3306 \
                  -credential_file=<PATH_TO_KEY_FILE> &

developで接続してみる

mysql -u develop -p --host 127.0.0.1

3. Cloud SQL Proxyをデーモン化

こちらを参考
GCP Cloud SQLにCloud SQL Proxyで接続しよう。Systemd化してデーモン化!

4. WordPressからMySQLに接続する

インストールで確認
localhostではなく、127.0.0.1

とりあえずいつもの画面見れましたー。

参考:

IP アドレスを使用して MySQL クライアントを接続する

Cloud SQL Proxy を使用して MySQL クライアントを接続する

GCP Cloud SQLにCloud SQL Proxyで接続しよう。Systemd化してデーモン化!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。