想ひ出15: GCP/VPCネットワークピアリングしてみる

おはようございます、moqrinです。

ドキュメントを読んでいるついでに、ふと思い立ってVPCピアリングをしました。
ドキュメント通りにやるだけなんで、特記することはありませぬー。
非常に簡単でした。
下記にある通りなのですが、片方から接続、もう片方から接続、わぁ相思相愛だあ!というだけです。

やること

1. プロジェクト1のnetwork1 と プロジェクト2のnetwork2 でピアリング
2. プロジェクト2のnetwork2 と プロジェクト1のnetwork1 でピアリング
3. プロジェクト1のredisクライアントから、プロジェクト2のredisサーバーに対して接続して確認する

1. プロジェクト1のnetworkA と プロジェクト2のnetworkB でピアリング

今回の例は、それぞれ下記のように設定されています。

Project Network
1 funky-moqrin default
2 sexy-moqrin moqrin3-network1

なお、それぞれ設定することになる相手側のプロジェクトIDとVPCネットワーク名は、
手動で入力することになりますので、前もってコピーしておくと良いかと思います。

① [VPC ネットワーク ピアリング] ページで[接続の作成] をクリック

② 接続の自分側の [名前] にピアリング名を入力します。
③ [VPC ネットワーク] で、ピアリングするネットワークを選択
④ 同じプロジェクト内でピアリングする場合を除き、
[VPC ネットワーク ピアリング] ラジオボタンを [別のプロジェクト] に設定
⑤ 他のプロジェクトのプロジェクト ID を手動で指定
⑥ 他のネットワークの VPC ネットワーク名を手動で指定
⑦ [作成] をクリック

2. プロジェクト2のnetworkB と プロジェクト1のnetworkA でピアリング

1と同様の作業を行います。

[VPC ネットワーク ピアリング] ページに移動して確認すると、
ステータスに [Connected] と表示されています。


もう一つのプロジェクトで [VPC ネットワーク ピアリング] ページに移動し、
ステータスに [Connected] と表示されていることも確認します。

3. redisクライアントからredisサーバーに対して接続して確認する

プロジェクト1のnetworkAのインスタンスにredis-cliをインストール

プロジェクト2のnetworkBのインスタンスにredisをインストール
当然ですが、redisサーバー側は外部接続できるようにしておきましょう!

クライアントから内部IPにてサーバーに接続

redis-cli -h 10.XXX.X.X SET 1 moqrin

サーバー側で確認

redis-cli
127.0.0.1:6379> get 1
"moqrin"

わーい。

参考:

VPC ネットワーク ピアリングの使用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。